ESTA(エスタ)って何?アメリカ旅行の際に必要な申請手続きについて

esta

お盆休みを目前に迎え、海外旅行の計画を予定されている方も多いと思います。
ツアーに申し込まず、個人でチケット手配などをされている方は既にご存じかと思いますが、今回は渡航前に必要な電子渡航認証システム、ESTAについてご紹介したいと思います。

ESTAとは

ESTA(エスタ)は、電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization)の略で、ビザ不要でアメリカに渡航する旅行者を入国前にチェックする制度です。

ESTAは、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されました。このオンラインシステムは、ビザ免除プログラムの一部で、米国に短期商用・観光目的(90日以下)で旅行するすべてのVWP渡航者は、米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインで渡航認証を受けなければなりません。
参照元:米国大使館ESTA(エスタ)申請公式ウェブサイト

日本は、ビザ免除プログラム参加国で、以前は90日以下の観光であれば、パスポート1つあればアメリカに入国できましたが、テロ犯罪などの経緯によりセキュリティ強化の意味で、こういった制度が実施されたようです。

少し怖い話ですが、犯罪歴や過去にアメリカや渡航先で法に触れるようなことをしていなければ全く問題なく取得できるので、ご心配なく。

また、ESTAの代理申請などを行っている業者などもあるようですが、ESTAの申請は簡単なので、是非ご自身で行っていただき少しでもお金を節約してもらえればと思います。

ESTAの申請が必要な人

アメリカにビザ無しで90日以下の短期商用や観光目的で入国される方全てに申請義務があります。
※アメリカで乗り継ぎされる方も申請が必要です。

申請に必要なもの

・パスポート
・パソコン
・クレジットカード(申請費用支払い時に必要)

申請にかかる費用

アメリカドルで、$14かかります。
使用可能なカードは、MasterCard、VISA、American Express および Discover (JCB, Diners Club)になります。
デビットカードも使用可能です。

申請方法

オンライン上で申請します。
ESTAオンライン申請ページ

いつまでに申請が必要?

搭乗前ならいつでも申請可能ですが、審査に時間がかかる場合、最大72時間を要することもあるので、遅くとも出発日の3日前には申請しておきましょう。

申請のステップ

1.申請フォームに個人情報を入力
氏名、生年月日、パスポート情報を入力します。
※の印がついている箇所以外は任意になりますので記入不要です。
また、病気や犯罪歴などの有無をチェックする箇所もあるので、そちらも入力します。

2.ESTA費用の支払い
申請フォームを送信後、ESTA申請費用14ドルをクレジットカードorデビットカードで支払います。

3.申請状況の確認
通常であれば、申請結果がすぐに分かります。保留になっている場合は、少し時間を空けて再度アクセスし、状況を確認してください。結果反映には最大72時間かかる場合があります。

拒否された場合には、アメリカ大使館かアメリカ総領事館でビザの申請を行う必要があります。下記URLへお問い合わせください
在日米国大使館領事部及び領事館一覧

4.搭乗時に特に提出を求められることはありませんが、ESTA認証がされたら念のため渡航認証許可画面を印刷、保存しておきましょう。

ESTAの有効期限

ESTAの認証後、2年間有効となります。
ただし、2年以内にお持ちのパスポートの有効期限が切れる場合は、同時にESTA認証も無効になりますのでご注意を。

申請にかかる時間は最短で10分~15分程度なので、渡航直前に慌てないよう、余裕を持ってESTA申請はしておきましょう。

パスポート申請はお済みですか?
パスポートの作り方

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る