いかにも日本人らしい!ホワイトデーが日本で定着している理由

いかにも日本人らしい!ホワイトデーが日本で定着している理由

バレンタインデーも終わり、3月に入ればホワイトデーがやってきます。日本にいると当たり前のように話題にあがるホワイトデーですが、ホワイトデーと言うのは実は日本特有の行事であって、欧米ではこういった習慣はありません。ホワイトデーに関する諸説はいくつかありますが、未だに根強く残っているこの習慣には、日本人独特の発想が色濃く反映されているようです。そこで今回は、欧米にはないホワイトデーが何故日本人に定着した行事として続いているのかを紐解いていきたいと思います。

ホワイトデーの由来

そもそもホワイトデーと言うのは、2月14日のバレンタインデーにもらったプレゼントのお返しをする日として知られています。もらったからお返しすると言う実に日本人らしい「礼儀」をわきまえた習慣とも言えますね。日本においてのバレンタインデーもそうですが、日本の製菓メーカーが売上げを促進するために打ち出した戦略により、2月14日には女性から男性にチョコレートを贈りましょうと言う習慣が芽生えました。そんなバレンタインデーが日本で定着すると、チョコレート業界の売れ行きが潤ってきたので、そこに便乗する形で、他の製菓メーカーも売上げ向上のために、チョコのお返しの日としてホワイトデーが生まれたと言う説があります。ちなみに、バレンタインデーが昭和30年代後半に日本で広まってから、20年近く経った昭和55年から全国飴菓子工業協同組合が、ホワイトデーを定めたことから、ホワイトデーは意外とまだ歴史が浅いことが分かります。

礼儀を重んじる日本ならではの発想

そんな製菓メーカーの商業的な戦略として、各メディアで取り上げられ作り上げられたホワイトデーやバレンタインデーですが、何故日本では企業の戦略と分かっていてもこんなに根強く支持されているのでしょうか?それはやはり、我々日本人が古くから持っている、貰ったらきちんとお返しする習慣の影響が強いと思います。祝儀、香典、出産祝い、お中元、お歳暮など、何かにつけて品物を贈る文化があり、もらった相手も、礼儀としてそれ相応のお返しをするのが暗黙の了解になっています。海外旅行などに行っても、家族、友人以外にも必ず職場の同僚や、知人などにお土産を買って帰るのが日本人です。アメリカ人からすると、どうして貴重な旅行の時間をお土産選びに費やすのか理解しがたいかもしれません。アメリカでも、ギフト文化があるので、記念日に贈り物をしますが、贈りたい相手、渡したい相手のみに買うのが一般的です。同僚が旅行から帰ってきて、職場でお土産を配り歩く風景をアメリカでは想像できません。
ホワイトデーも、日本人がバレンタインデーのお返しと言う理由で生まれ、その後も抵抗なく受け入れられているのは、日本人が持つ「義理人情の精神」があるからだと思います。留学中の方は、是非アメリカ人にもこの文化を説明してあげると面白いかもしれませんよ。日本人の心得を理解してもらういいキッカケになると思います。
ちなみに、アメリカのバレンタインデーは日本と微妙に異なります。女性から男性だけじゃない?日本と違うアメリカのバレンタインデー

大義名分に拘る日本人

礼儀の文化も日本人ならではですが、何をするにも、理由を必要とするのが日本人としての特徴かもしれません。特に恥ずかしがり屋なイメージを持たれる日本人は、本心を伝えたいけど、ストレートに言えないから、ホワイトデーなどの世間的にそういうことをやっても変に思われない日を口実に告白する方も少なくないと思います。もちろん、アメリカのバレンタインデーでも愛を伝える日として、男性にとってはドキドキの行事となっていますが、日本人は人と違うことを出来るだけ避け、世間に溶け込もうとする風潮があります。なので、あの子が好きだから告白すると言うストレートな工程ではなく、あの子が好きだけど、急に気持ちを伝えたら変に思われるかもしれないから、皆がそういうムードになるホワイトデーを利用して告白すれば、自分だけ浮かずに済む、みたいな遠回りな工程を考える人もいるのではないでしょうか?(今時そんなシャイな人はいませんかね?)
そういったシャイな国民性も加味すると、日本人にとってバレンタインデーやホワイトデーは、自然な形で異性にアタックできる口実として受け入れられているのではないでしょうか。学生にとっては、2月、3月は卒業シーズンですから、気持ちを伝えるには、ちょうどいいタイミングでもありますしね。

色んな諸説があるホワイトデーですが、アメリカやその他の欧米諸国から見ると、実に不思議な習慣に映りそうですが、我々日本人にとっては、国民性を捉えた実によく出来た行事なのかなと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る