デブエット効果抜群!アメリカ留学で堪能できるファストフードBest5

太るの覚悟!留学先でついつい食べてしまうファストフード

アメリカに留学中、体重が実に5kgも増加してしまったことをふと思い出しました。昨今アメリカで話題になっているヘルシフードブームですが、以前と比べると確かにリーズナブルで手軽に健康に良い食品が手に入れやすくなったと聞きます。一般のスーパーなどでも、TofuやUdon Noodleが売っていて、わざわざ日系のスーパーに行かなくても、日本食を召し上がることが出来ます。しかし、まだまだファストフード大国のアメリカでは、バーガーやブリトーなど、ファット志向の食品が支持されているのも事実。健康的なダイエットを心掛けるには、日本以上にお金と労力を費やさなければスリムな身体を維持出来ないのが、アメリカと言う国です。お金持ちの方が太っているイメージがありがちですが、以前、当サイトでもご紹介した「喫煙者は要チェック!州ごとに違うアメリカの喫煙事情」に綴ったとおり、上流階級にいくにつれて、自己管理能力が求められるアメリカのビジネス社会において、喫煙や肥満は問題視される傾向にあります。その為、成功しているアメリカ人ほど食生活にシビアになっています。しかしながら、経済面で余裕がない留学生にとって、毎回ヘルシーでオーガニックな食生活をしていたら、すぐに予算オーバーになってしまいます。そこで今回は、太るの必須でお伝えしたいアメリカの美味しいファストフードをご紹介したいと思います。ある意味学生の内しかこんなにグリーシーなものは食べられません。留学している今の内にアメリカンフードを満喫しておきましょう。

Jack In The Box

日本にはおそらくない(?)アメリカのバーガーショップです。チェーン展開していて全米に店舗があります。メニューはビーフを使ったハンバーガーの他、チキンバーガー、タコス、サラダなど、豊富な品揃えです。朝メニューには、オートミールやブリトー、それにクロワッサンサンドもあります。日本人にとっては朝からガツンだなと言うイメージですが、アメリカ人は割と食べます。私はよくJumbo Jackと言う通常のバーガーを食べていました。マクドナルドやバーガーキングと比べると中の野菜が美味しかった気がします。イメージキャラクターのJackがいかにもアメリカって感じです。

Panda Express

こちらもアメリカで好まれているファストフードチャイニーズフードのパンダエクスプレス。大抵モールの中のフードコートに入っています。中国料理ですが、日本で言う中華料理とは全くの別物で、とてもアメリカナイズされた味付けになっています。チャーハンか焼きそばを主食として、そこにオカズとなるアイテムを追加して頼むコンポ形式が一般的です。私は、チャーハンと焼きそばをハーフ&ハーフにして、オレンジチキンを追加していた記憶があります。ドリンクも追加でオーダーできますが、ペプシやスプライトなどのソーダと一緒に召し上がるのがアメリカ流です。そりゃ太るわ。。。
なお、大学のキャンパスに入っているフードコードには、このパンダエクスプレス風のファストチャイニーズがあります。メニューはほぼパンダと同じです。週1くらいで食べていると1ヶ月で2kgくらい太りますので、食べ過ぎにはご注意を。

Fatburger

これも有名なバーガーチェーン店です。名前からして太らせる気満々ですね。LAで初めて住んだアパートの近くにFatburgerがあったので、ランチに早速行ってみたら、店内の客の8割がふくよかな方ばかりでした(たまたまでしょうけど) ここのバーガーは、一応チキンバーガーやホットドッグもありますが、目玉は何と言ってもビーフを使ったハンバーガー。サイズがSからXXXLまであり、一番大きいサイズは、ウソみたいに大きいです。しかも、トッピングでベーコンやエキストラチーズ、チリソースなんかも付け加えられるので、バーガー好きにはたまらないお店です。面白いのがサラダのメニュー名もFat Saladと言ってベーコンがたっぷり入っています。ここのシェイクは日本人が想像するシェイクの倍くらい甘いです。
さすがにこの歳になって、Fatburgerで夕食だと言われたら、萎えてしまいそうです。

Carl’s Jr

カールスジュニアもアメリカの代表的なバーガーチェーンです。他のバーガーショップ同様、ビーフとチキンのバーガーをメインとして、朝メニューには、ソーセージマフィンやオムレットビスケットなどかなりヘビーな朝食が取り揃っています。個人的には、ここのチキン系のバーガーが好きで、よく食べていました。また、フライドポテトが私的には、ここのが一番美味しかったです。ちなみに西海岸ではCarl’s Jrとして、東海岸ではHardee’sとして店舗展開しているらしいです。

In-N-Out

インアンドアウトバーガーは、今回ご紹介するファストフード店の中では、一番日本人好みの味だと思います。注文を受けてから作り始めるので、バーガーも野菜もポテトもとてもフレッシュです。メニューもシンプルで、ハンバーガー、ダブルバーガー、チーズバーガー、フライドポテトのみです。バーガーに入っている玉ねぎとトマトが絶妙にビーフとマッチして、未だに食べたくなるバーガーの一つです。以前日本に期間限定で上陸したらしいですが、その後何も進展がないところを見ると、まだ日本への参入は決定していないようですね。もう一度食べたいです。

ざっと紹介してきましたが、アメリカには数えきれないほどのバーガーショップが存在します。上記の大手チェーン以外にも、地物密着のバーガーショップは山ほどあるし、大手は大手で、コマーシャルをヘビロテで流しているので、夜勉強の合間にちょっとTVを付けると、必ず1回はいずれかのバーガーショップのCMを目にします。誘惑に負けてつい車でドライブスルーへ…なんて経験が数回あります。

帰国後は、めっきりバーガーを食べることもなくなってしまいましたが、次回渡米した際には、ドカ食いしてみようと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る