女性から男性だけじゃない?日本と違うアメリカのバレンタインデー

女性から男性だけじゃない?日本と違うアメリカのバレンタインデー

早いもので1月も既に終わろうとしていますね。来たる2月の楽しみと言えばバレンタインデーですね。日本では、女性から男性にチョコレートをプレゼントするのが主流ですが、アメリカはそうとも限らないのです。今回は、アメリカにおけるバレンタインデーの習慣をご紹介します。意外と日本のバレンタインデーが独特なことに気がつかされます。

男性から女性へプレゼントを贈る

アメリカのバレンタインデーでも、日本と同様、好きな人に告白したり、愛情を伝える日とされていますが、一概に特定の異性だけにと言うわけではなく、家族や友人、同性同士にも贈り物をします。もともとプレゼントを贈るのが大好きなアメリカ人は、ここぞとばかりにこの日は、色々な人にプレゼントを渡す光景を目にすることが出来ます。そして、その大半は男性から女性へプレゼントを贈るのが主流となっています。若年層から老夫婦までの幅広い世代でこれは一般常識となっているようです。

プレゼントはチョコレート以外にも

バレンタインデー=チョコレートと言うのは、おそらく多くの方もご存じのとおり、日本の製菓メーカーのマーケティングの一環で始まった日本独特の習慣です。と言っても、アメリカでもバレンタインデーの時期になると、各スーパーやチョコレートストアには、バレンタインチョコレートが並び始めますので、チョコレートプレゼントもありますが、それと同じくらい代表的なのが、花のプレゼントです。特に赤いバラなどを男性から女性にプレゼントするのが一般的です。その他は、ハート型のバルーンなどをチョコレートと一緒に渡す男性も多いですね。

年間通してこの時期だけは、チョコレートと花屋の売上げの半分以上が男性に逆転すると言う現象が起きます。

バレンタインデー当日は何をする?

恋人同士や夫婦同士であれば、ちょっと高めのレストランなどでディナーを楽しむのが多いと思います。事前に予約を取っておかないと、良い店はどこも当日は満席になってしまいます。また、店によっては、サプライズケーキやウェイターが花を席まで運んできてくれるようなサービスを行うレストランもあります。また、花屋に事前にオーダーして自宅に宅配サービスするようなロマンチックな男性もいますね。老夫婦なども楽しそうにレストランでデートしている姿が見られるのが、アメリカっぽいですね。

カード大好きのアメリカ人

バレンタインデーに限らず、イベント時には必ずと言っていいほどカードをプレゼントします。本屋、雑貨屋、それにスーパー、デパートなどに行くと各用途ごとのグリーティングカードが売っています。誕生日やクリスマスから、母の日、お大事に、愛してるなどなど、ほぼ何でも揃います。男性がプレゼントを熟考するバレンタインデーなどでは、カードに自分の想いを綴ったりして一緒に渡します。そして、女性からもカードをいただいたりします。高校生の時など、好きな異性からカードを貰えると、帰り道ワクワクしながら読んでいた記憶があります。

パートナーがいない人はどうするの?

日本のような義理チョコまでハッキリとしたカテゴリーはありませんが、アメリカでも皆に配れるようなお徳用チョコがスーパーなどで売っています。Kitkatなどの詰め合わせが山積みにされていて、$5くらいで購入できます。高校などでは、男女問わず、そういったバレンタインKitkatを配り歩いていた生徒をよく見かけました。生徒によっては丁寧に皆にカードを配ったりしていた子もいました。アメリカの大学の時などは、教授が学生にチョコレートを配っていたこともあり、ハロウィーンみたいな状況になっていました。

私は、アメリカのバレンタインデーは、恋人同士や夫婦同士がメインなのかなと当初思い込んでいましたが、学校帰りに、ジャケットに着替え、赤いバラとチョコレート、それにバルーンを手に準備万端な男性を見かけ、彼がある女性に告白している現場を目撃したことがあり、こういったイベントは日本と変わらないんだなと思ったことがありました。ですので、気になる女性がいたら、この日こそ、ここ一番の気合いで臨んでください。

アメリカのバレンタインデーを描いた映画

2010年に公開されたアメリカ映画「Valentine’s Day」は、まだ観ていない方は一度観ておいても良い映画かもしれません。

映画の面白さについては、こんな記事も。 バレンタインデーにカップルで観るおすすめの映画

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る