【ビジネス英語】仮想通貨ビットコインの頻出フレーズを分かりやすくまとめたサイトを発見

2017年は仮想通貨元年といったワードも出るくらいビットコインを始めとする仮想通貨(暗号通貨)が大きな話題となりました。

日本における仮想通貨

年初は1ビットコイン10万円程度だったのが、12月中旬時点で200万円を突破し猛烈な高騰を見せたことで、投資家以外の間でも、仮想通貨に関心を持つ人が増えてきたと思います。
仮想通貨自体は2009年くらいから取引開始されており、話題を集めて始めていましたが、日本では2014年のマウントゴックス経営破綻のニュースが大々的に報じられた影響で、仮想通貨に対するイメージはネガティブなものとなり、なかなか普及しなかったとも言われています。

しかし、連日の高騰ぶり(最近一時暴落しましたが。。。)や仮想通貨投資で成功した億り人(おくりびと)などがフィーチャーされたことで、今年に入ってから再び日本人の間でも仮想通貨にスポットが当てられたようです。

一時期のFXトレードによく似た現象が起きていると思います。

仮想通貨のソースの大半は英語サイト

仮想通貨投資は、情報が全てといっても過言ではなく、1分でも早く情報収集することが利益を上げる秘訣と言われています。
日本でも、続々と関連サイトやアプリも出てきていますが、早く情報を掴むにはソース元である英語サイトを読むのが一番です。

何となく英語記事の意味を理解するだけなら、Google翻訳でも対応可能ですが、やはり正確ではないので100%をGoogle翻訳に任せるわけにはいきません。

やはり最低限の英語読解力が必要になってきますが、少しでも関連用語をおさえておくと、なんとなく意味が分かったりと理解力が深まるはずです。

僕も勉強のために仮想通貨関連英単語の情報を探していたら、こんな記事を見つけました。

仮想通貨投資でよく使うビットコイン関連英単語・英語フレーズまとめ

仮想通貨全般英単語に加えて、仮想通貨英語記事でよく出てくる金融全般英単語などもまとめられています。更には、ビジネスでよく使われるイディオムも紹介されているので、一通り目を通しておくと仮想通貨英語に対する理解力が少し深まります。

ビジネス英語の勉強にもなるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

同サイトでビジネスやIT向けの英単語、フレーズもまとめていたのでこちらもあわせてご紹介します。↓
ビジネスパーソン必見!ITビジネス頻出英単語・英会話フレーズまとめ

まとめ

今回は仮想通貨ビットコインでよく使われる英単語やフレーズをまとめているサイトをご紹介しました。
2018年も話題沸騰するであろう仮想通貨。英語の勉強にもなるので、色々海外記事に目を通したりしてみると良いですね。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る