留学生でも働ける!合法で出来るアルバイト情報

留学生でも働ける!合法で出来るアルバイト情報

留学生のほとんどは、学生ビザ(F-1 or M-1)での渡航になるため、原則として渡航先でのアルバイトは禁止されています。

学生ビザについてはこちらで紹介しています。学生ビザについて

とは言え全く働けないと言うわけではありません。大学や大学院生であればキャンパス内で週20時間以内のアルバイトが可能です。これは、アメリカの国土安全保障省の一部局であるUSCIS( United States Citizenship and Immigration Services)にも明記されています。

このサイト内にある「Foreign Students in F-1 Nonimmigrant Status Working in On-Campus Employment」と言う項目があり、それによると、“Foreign students in F-1 nonimmigrant status may work on campus without the approval of a Designated School Official or USCIS.” とあり、また、“On-campus employment is limited to 20 hours a week when school is in session.”と行った記述があります。[参照元:USCIS] 訳すと、非移民ビザであるF-1ビザで滞在する留学生は、オンキャンパスでの就労が認められ、就労時間は、学期中の週20時間以内とするとのことです。

キャンパス内で見つかる仕事

学校内で出来るアルバイトは主に、カフェテリア、ブックストア、ライブラリー、アドミッションオフィス、コンピュータ室などがあります。学校の中を歩いていれば募集の貼り紙を見かけることがよくあるので、興味のある方は注意して見てみると良いでしょう。その仕事も接客に関わる仕事がほとんどなので、英語力が必要とされます。

その他、チューターと言うティーチングアシスタント(TA)、補佐関係の仕事も充実しています。PCに強い方であれば、コンピュータ室の補佐などをアルバイトにすることが出来るし、日本人としての強みを活かすなら、日本語のチューターとして教授のアシスタントを担うことが出来ます。

採用までの道のり

働きたい場所が決まったら、そこを取り締まるボスに直接コンタクトをとります。またその際、ソーシャルセキュリティ番号(SSN)の提出を求められる場合があります。

SSNについてはこちら 実際のところどうなの?アメリカのソーシャルセキュリティ番号の取得について

SSNを持っていない留学生は、就業先と留学アドバイザーから推薦状を書いてもらい、ソーシャルセキュリティオフィスに提出し、条件付きの労働許可をもらうことも出来ます。ここ数年で移民局の取り締まりが厳しくなっているので、アップデート情報については、Social Security Officeに問い合わせるか、学校のアドバイザーに相談すると良いでしょう。

採用までの流れとして、希望の就業先で申請書(Application Form)を記入し提出します。その後ボスとの面接を経て、無事に採用されたら、Human Resource Centerと言うデパートメントで必要書類を提出したり、口座情報を記入したりと言ったペーパーワークが待っています。おそらくですが、ここで犯罪歴の有無などもチェックされる場合もあります。

Human Resource側で諸々の書類登録が通れば、すぐにアルバイトを始められます。

いくらくらい稼げるのか?

就業先によって多少異なりますが、平均$7~$8が相場だと思います。私は、大学で週に2日ほど日本語クラスのチューターをしていましたが、確かその時の時給はそのくらいでした。

チューターなどのアルバイトでは、時給換算することも出来るし、卒業に必要な単位として換算することも出来たので、私はお金ではなく、単位取得の目的でチューターを続けていました。

また、お給料は通常契約時に提出した銀行口座に振り込まれます。

違法アルバイトの危険性

留学生の中には、違法でキャンパス外の日本食レストランなどで働いている学生も結構いました。日本食レストランで働く理由としては、英語力があまり必要とされないし、チップによる副収入も期待できるので、キャンパス内で働くよりも割が良いのです。そして日本食レストランは観光客やお金を持っている客層が多く集まるので、チップを弾んでくれるお客さんが多いのも事実です。

もちろん、移民局に見つかれば即強制送還です。広いアメリカで、そうそう移民局が自分の働いているレストランに監査に入るわけないと思う方もいらっしゃると思いますが、広いアメリカでも、日本人コミュニティは狭いものです。どこどこのレストランで、○○さんがウェイターをやっていました、なんて移民局に通報すれば、その学生はあっという間にアウトです。対立しあう日本人や、学校同士でいがみ合う日本人も中にはいるので、万が一を考えるとあまりにもリスキーなアルバイトだと思います。非合法による強制送還は、その後の入国が難しくなったり、場合によっては永久に入国を禁じられてしまう場合もありますので、自分は大丈夫と慢心せずに全うな形で留学生活を送るべきだと思います。

冒頭でも述べたとおり、留学生の本業は学業ですから、アルバイトでフルタイム働く状態にさせないよう週20時間以内と言う条件があります。しかも、キャンパス内でアルバイトする際にもあまり成績が悪い場合、採用されないケースもあります。学校側としても本業を主とし、社会体験の一環としてアルバイトを許可しているだけなので、裕福で不自由ない留学生活を送るために、アルバイトに躍起になり、勉強が疎かになってしまわないように心がけましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る