アメリカの大学を卒業するためには単位制度を知っておこう

アメリカの大学を卒業するためには単位制度を知っておこう

アメリカの大学は単位制になっていて、専攻によって卒業に必要な取得単位数が決められています。そして取得単位として認められるのはC以上の成績を収めたもののみになります。卒業を目的とした留学生を一番悩ます学校の単位制度について、いくつかの基本情報をご紹介したいと思います。

成績の基準となるGPAについてもっと知りたい方はこちら アメリカの大学におけるGPA制度

卒業に要する期間は人それぞれ

冒頭で述べたとおり、アメリカの大学は日本と同様に単位制になっています。ただ、日本と違うところは、卒業に必要な単位数を取得してしまえば、早期卒業することも可能です。つまり、取得した単位数によって今自分が何年生に属しているのか決まってきます。厳密に言うと、アメリカでは大学生を1年生や2年生と表現せず、Freshman、Sophomore、Junior、Seniorと表します。大学に4年在籍しても、卒業に必要な単位の半分しか取得していなければ、位置的には大体Sophomoreになります。

私が見てきた学生の中には、日本の大学で2年間費やし、単位を移行させてアメリカの大学にJunior(3年生)から編入し、必須科目を集中的に取まくり、編入後1年半くらいで卒業していった方も何人かいました。もちろん渡米前に相当英語を勉強し、TOEFLスコアを上げて、編入後も日本から移行出来なかった一般教養のクラスを取得しながら、専攻のクラスを取って1年半のほとんどの時間を大学に充てた結果だと思います。

アメリカの大学が、入るのは簡単だけど、出るのは難しいと言われる所以の1つはこういった制度によるものが大きいと思います。

ESLによるハンデ

先ほどの例外はさておき、ほとんどの留学生の場合、入学当初は大学付属やコミュニティカレッジのESL(留学生用の英語プログラム)の授業を受けて、英語力を上達させる必要がある為、卒業や編入の必須科目が受けられないことがほとんどです。と言うのも、ESLのクラスには段階があり、入学する時に受けるPlacement Test(語学レベルチェックのテスト)で初級レベルに指定されると、これらのクラスは編入や卒業にカウントされない単位なので、必然的に最初の1年は語学勉強期間になってしまいます。

私の通っていたコミュニティカレッジのESLコースでは、レベル1~6まであり、レベル1から始める場合、基本的にはレベル1をパスしたら次はレベル2、レベル3...と言った具合に進み、最上位のレベル6のクラスをC以上でパスすれば、初めて4年制大学編入に必要な単位としてカウントされる制度になっていました。では、レベル1に指定された場合、レベル6まで上がっていくのに6セメスターも時間を費やさなくてはいけないの?と思われる方もいらっしゃると思いますが、決してそうではなく、レベル1のクラスで頑張って英語力を上達させれば、改めてPlacement Testを受けて、レベル6のクラスに飛び級することだって可能です。

こうした段階式のクラスの場合は、出来るだけ上位クラスに入らないと、余計な時間を費やすことになり、卒業の時期がどんどん遅れてしまうので、自分の為にもお金の為にも頑張りましょう。

英語以外の必須科目について

英語以外のクラスについても、レベルの低い(BeginningやFundamentalなど)クラスだと、編入や卒業の単位として認められていない場合が多いです。安易にビギニングレベルのクラスばかりを取り、オールAだったとしても、蓋を開けてみたら編入や卒業には含まれない単位だったとしたら時間のロスになってしまいます。

そして、ESLクラスと同様に、段階式になっているクラスも多いので、レベル1をパスしないとレベル2を取れないようになっています。編入や卒業を視野に入れる際、入学時にそれらのクラスをしっかり確認しておき、計画的にカリキュラムを組むことが時間短縮に繋がります。

編入についてもっと知りたい方はこちら 
コミュニティカレッジから4年制大学へ編入する場合に知っておきたいこと

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る