海外留学の魅力 [カナダ編]

海外留学の魅力 [カナダ編]

大自然に囲まれた国カナダは、治安も良く、留学生に対して非常に優しい国です。バンクーバーやトロントなどの大都市では、近年発展が進み、観光と商業を兼ね備えたカナダの中枢機関となっています。

私は、16歳から19歳まで3年間ちょっとをカナダで過ごしました。高校留学として初めて選んだ場所がカナダだったのです。行先は、カナダ西部にあるブリティッシュコロンビア州(BC州)の州都、ビクトリアでした。

※よくバンクーバーをBC州の州都と勘違いされる方がいますが、ビクトリアなんですよ。また、首都は東部にあるオタワです。

今回は、私の体験を交えながらカナダ留学の魅力をご紹介したいと思います。

私がカナダの高校留学生活で感じたこと 高校留学に関する情報

カナダ留学を決めるまで、海外旅行の経験のなかった私は、日本を離れることにすごく不安を抱いていました。当時アメリカでは、邦人学生がハロウィンパーティで近所のお宅を訪問した際、銃で撃たれて死亡すると言う悲劇があったり、何かと怖い国と言う印象があったので、治安の良い国としてカナダを選びました。

結果的に、初めての渡航先をカナダにしたのは大正解でした。その理由として、以下が挙げられます。

キレイ

観光名所が多く点在するカナダは、国や州の法律で街の景観維持に努めているので、私の住んでいたビクトリアなどは、一定の高さを超える建物を建てることは違反になっています。ダウンタウンも、ショッピングモールやレストランは多く存在しますが、どこもキレイで安心して歩けます。福祉にも力を入れているカナダは、納める税金も高いですが、その分ホームレスの数も少なく、3年間居て身の危険を感じることはありませんでした。

■カナダ人の人柄

アメリカと同様に、多文化社会のカナダですが、カナダ人の方が気質的にフレンドリーかなと思います。他の文化に対して興味を持ったりしてくれて、差別的な目線で話しかけられたことは一度もありませんでした。レストランに行っても、ウェイトレスの女性が、食事中に「食事はいかが?」と気さくに聞きに来てくれます。お店も同様で、割と笑顔で接してくれて世間話なども普通にしてました。外国人や英語が話せない人に対しての扱いに慣れているんだと思います。当時同級生だったカナダ人も、ほとんど英語が話せない私に対して、すぐに「日本のウォークマンカッコいいなー」とか話しかけてくれて、こっちが一言一言考えながら話しても、しっかり聞いてくれます。これは、語学に不安を抱いている方にとっては安心出来る環境だと思います。

■学業に専念出来る環境

私が3年間住んだビクトリアは、カナダ有数の観光名所として知られています。イギリスの植民地だったビクトリアは北米で2番目に古い街としても有名で、当時のイギリスの名残が多く残っていますので、歴史ある建造物や、名所が街全体のイメージになっていて、あまり近代的な娯楽施設は多くありませんでした。便利な日本と比べると、遊びたい盛りの高校生にとっては、やや退屈を持て余してしまう環境でしたが、その分本来の目的である学業に専念することが出来ました。休みの日は、ホストファミリーと一緒に別荘に遊びに行って釣りをしたり、ハイキングしたりと、カナダっ子全開の生活をしている内に、心身共にカナダディアンに感化される自分がいました。クリーンな留学で、海外ならではの留学をするならカナダをおすすめしたいと思いますね。

■ネイティブの英語にアクセントが少なく聞き取りやすい

カナダの公用語は英語とフランス語です。東のケベック州に行くと、街中でフランス語表記が多く見られます。西に位置するBC州はほぼ英語でしたね。国全体どこへ行っても、英語が聞き取りやすかった記憶があります。アメリカ英語と比べると、発音がよりハッキリしていて、正統派の英語を話してくれます。カナダ訛りと言うのは一応存在しますが、日本で英語教育を受けてきた私たちからすると、一番教科書っぽい英語が聞ける国なのかなと思います。また、ホームステイ先やパブリックでも、こちらが外国人だと分かるとゆっくり丁寧に話してくれますので、ストレスフリーに英語を学べる環境ですよ。

■安全

何と言っても、治安が非常に良い国です。日本からお子さんを送り出す親御さんの気持ちになると、海外って危険で事件に巻き込まれないか心配されると思います。もちろん、事件に遭うときは国関係なくどこでも遭ってしまうものですが、カナダは、ピリピリするようなスリリングな空気があまり感じられなかったです。当時留学していた友人たちも口を揃えて、老後はカナダに移住したいと思ってしまうくらい住みやすい国なんです。福祉環境が整っていて、生活水準も高めのカナダは、下手すると日本よりも安全で、心地よい暮らしを実現出来る国だったりもします。

語学留学や、学業に重きをおいた留学をしたい方には、これ以上ないくらいのパーフェクトな環境だと思います。カナダ留学から15年近く経った今でもカナダには良い思い出の方が断然多く残っています。壮大な大自然に触れ、アウトドアを楽しみ、豊かな国民性を持つカナダ人に囲まれながら過ごす留学生活は、人間性を豊かにしてくれる最適な環境になると思います。

 

アメリカの魅力についてもご紹介しています 海外留学の魅力 [アメリカ編]

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る