アメリカ留学でシェアハウスかアパートがおすすめの理由

アメリカ留学でシェアハウスかアパートがおすすめの理由

留学生活において、学業の次に困るのが住まいです。日本同様、アメリカにも住まいの選択肢はたくさんありますが、学費だけでも負担が大きい留学生にとっては住まいは出来るだけ安く済ませたいのが本音です。学校によっては寮が備わっているところもあります。大学が提携している寮などは家賃も比較的安く、学校から近い立地のため、利便性は良いと思います。しかし、快適さやプライバシーを求めた場合、寮は少し住みにくい環境になってしまう場合があります。学生しか住んでいないので夜は静かに勉強に集中できると思いきや、意外とそうでもなく、隣の部屋から騒音が聞こえてきたりして、自分が集中したいタイミングで勉強出来ない場合があります。しかも、ルームメイトによっても住み心地は大きく変わってきます。日本人のルームメイトの場合、比較的安心感が生まれますが、英語の上達の妨げになったりするリスクもあります。また、異国の学生がルームメイトの場合、食生活や生活習慣が異なるので、合わせられない場合ストレスにもなります。出来るだけ学業に集中したかったり、プライバシーを確保したかったりする場合は、アパートかシェアハウスがおすすめです。そこで今回は、アメリカでのシェアハウスやアパートの利点についてご紹介します。

定番のホームステイについてはこちらで紹介しています。ホームステイについての基礎情報

シェアハウスの利点

シェアハウスとは文字通り、一軒家を複数の人数で借りて一緒に住むことです。寮との違いは、一軒家なので、部屋ごとに仕切りができ、プライバシーが保てるほか、多い場合4人くらいでも住めるので、家賃をだいぶ節約できる点です。寮だと、ベッドルームが分かれていなかったりするので、1間で2人で過ごさなくてはいけないことが、慣れない人にとっては苦痛だったりします。

シェアハウスだと複数で暮らしているため寮みたいに騒がしくなることを懸念されると思いますが、意外と静かな場合が多いです。と言うのも各自生活サイクルが違っているし、同居人に迷惑をかけられたくないので、自分も相手に迷惑をかけないように努める方が多いです。その為、同居人との接点を持つことがあまりなく良く言えば干渉し合わない関係性が築けます。もちろん、仲良くなってハウスパーティをしたり、互いの友人を紹介しあって交流をはかる方もいます。

家賃を安く済ませながらも、プライバシーを確保出来るシェアハウスは経済的な留学を目指す学生にはおすすめの滞在方法だと思います。

アパートの利点

アメリカの大学に留学する方で、おそらく一番多いのがアパート暮らしでしょう。完全プライベート空間を確保できるうえ、学校の寮やシェアハウスにはない自由度があります。1人暮らしともなれば、どう過ごそうが自由ですし、トイレやキッチンなども自分の好きなように使えます。家賃を折半出来ない分、経済面での負担が大きいのが一番の悩みどころですが、郊外にあるアパートであれば、Studio(ワンルーム)で$500くらいから住めるところもありますし、大都市でなければもっと安く家賃を抑えることが出来ます。学校から離れた場所に住む場合も、バス通学するのであれば、定期代は学割がきくので、住まいの快適さの代償として通学時間を犠牲にすることになります。私も1人暮らしをしたかったので、学校から1時間離れた場所に住み、毎日バスで片道1時間かけて通学していました。

1人暮らしが経済的に難しい場合は、ルームシェアと言う方法もあります。シェアハウス同様、ルームメイトと一緒にアパートで暮らすことが出来ます。この場合、One bed room(ワンベッドルーム)を借りて、1人はベッドルーム、もう1人はリビングに住めば、折半する家賃は安くなります。ロサンゼルスですと、One bed roomで約$700~$800(2000年当時)くらいでしたので、ルームメイトと住むことによって1人$350~$400で済みます。しかしながら、そこまで劇的に安くなるかと言うと、実際そうでもないので、他人と暮らす方向で考えるなら、シェアハウスの方が快適だと思います。(あくまで私の個人的意見です)

アパートの探し方

・キャンパス内の掲示板を使う
大学などのキャンパス内にある掲示板には、常に学生が「ルームメイト募集中」や、「Studio○○ドルで住みたい方はこちらまで連絡ください」などの貼り紙があります。この掲示板は意外と役立ちます。基本的にはその学校に通う学生が掲載しているので、コンタクトがつきやすく、良い条件で安く部屋を借りられる場合があります。しかも、家具や電化製品などもそのままおさがりを貰うことが出来ることもあるので、初期費用がだいぶ節約出来ます。

・ネットで探す
本格的に一からアパート探しする方には、For Rent.comと言うサイトもおすすめです。アメリカ版の賃貸物件情報サイトです。希望の条件を入力して該当するアパートにアポイントをとり、部屋の下見をして気に入れば契約すると言った流れです。家具付き、家具なしなども選べたりするので、幅広いニーズに応えてくれます。ローカルの賃貸サイトでよく目にする質の悪いアパートはあまりなかったと思うので、比較的信頼できるサイトだと思います。

学校と同じ位の時間を過ごすことになる住まいは、慎重に決めなければいけません。自分に合った暮らし方が出来れば、その分勉強に取り組むパフォーマンスが上がりますので、是非とも参考にしてみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る