国際電話のかけ方【カナダ~日本】

国際電話のかけ方【カナダから日本】

留学中に、日本にいる家族に電話したりすることもたまにあると思います。インターネット全盛の現代においては、無料でかけられる方法なども多数あり、一昔前と比べるとかなり長距離電話への節約が画期的になりました。今回は、いくつかの国際電話発信方法をご紹介します。

国際電話の基礎知識

国際電話をかける際に、相手先の電話番号の前に色々と番号をダイヤルするのですが、その番号について少しご説明します。

国際電話は、以下の3つで成り立っています。

「国際電話識別番号」+「国番号(国際電話国番号)」+「相手先の電話番号」

国際電話識別番号は、国際電話を発信しますと言うことを識別させるために、国によって識別番号が指定されています。カナダを例に挙げますと、カナダは【011】、日本は【010】が国際電話識別番号になります。

国番号も、国ごとに異なる番号が決まっています。カナダは【1】で、日本は【81】になります。

そして、相手先の電話番号の頭の0は省略します。(ダイヤルしません)

ですので、仮に03-1234-5678宛にカナダから国際電話をかける場合は、以下のとおりになります。

【カナダから日本】 011 – 81 – 3 -1234-5678

今度は日本からアメリカに発信する際のかけ方です。仮に相手先の電話番号が123-456-7890の場合の発信は以下のとおりになります。

【日本からカナダ】 010 – 1 – 1234667890

様々な発信方法

・コレクトコール

海外から国際電話をかける場合、色々な方法があります。日本にいる両親が電話料金を負担してくれるなどの場合は、オペレーターを通じてのコレクトコールが一般的です。しかし、コレクトコールは通話料金がめっぽう高いので、注意が必要です。

国際電話も航空券同様に、正規のかけ方では、かなり高くつきますので、あまりおすすめ出来ない方法だと思います。

・IP電話・光電話

NTT、KDDIやソフトバンクと言った各キャリアでも行っているインターネット回線を使った発信方法です。

加入しておけば、通話料金が1分間約10~15円くらいになるので、だいぶ節約することが出来ます。

・プリペイドフォンカード

私は留学中、プリペイドカードを主に使っていました。現地のコンビニなどで$20~$100くらいの価格帯で販売されていました。カードを購入すると専用のパスワードが記載されているので、自動音声に従ってパスワードをダイヤルし、発信することが出来ます。レートも正規の国際電話料金よりも安くなっており、$20で30分以上通話出来たと思います。

最も安く済ませる国際電話のかけ方

私が留学していた頃は、インターネットもダイヤルアップのモデム回線で、Windows98全盛の頃でしたので、インターネットを使った国際電話など想像もしていませんでしたが、昨今のネット環境では、無料で国際電話することが可能です。

SkypeやLINEが、インターネット電話サービスのメジャーどころかなと思います。

Skypeは、私が現在も海外の友人と連絡を取る際に多用しているアプリケーションの一つです。ADSL回線の頃から、音質も上がり、普通の電話と変わりなくスムーズな通話が可能となりました。しかも、ここ数年の光回線によるネット速度の向上により、ビデオチャット機能の質もだいぶあがり、ラグをほとんど感じることなく顔を見ながら通話を楽しむことが出来るようになったのはかなり画期的ですね。しかも、月々のネット利用料を支払っている限りは、通話料は無料なので、話し放題。

SkypeやLINEは、スマホにも対応しているので、パソコンを持っていなくとも利用可能なところもハンディで良いと思います。

実際、固定電話や携帯電話でのお得な国際電話プランはどの電話会社もサービスを行っていますが、私自身のおすすめとしては、インターネット電話になります。短期留学だったとしても、月に1万円くらい国際電話料金がかかってしまうのを考えると、パソコン1台買うのとそんなに大差はありませんよね。ノートパソコンも5万円くらいで買える時代なのですから。

インターネットを上手く活用して国際電話も節約してくださいね。

参照元:Wikipedia

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る