話せるだけじゃダメ!留学生が就活に英語を活かせない理由

話せるだけじゃダメ!留学生が就活に英語を活かせない理由

語学の上達を目的とした留学の場合、英語が聞き取れるようになったり、英語で現地の人と会話が出来るようになったりして満足してしまう方がいますが、それが語学留学のゴールなのでしょうか?先日当サイトに綴った記事でこんなことを紹介しました。

漠然じゃダメ?英語学習で効果を得るために必要なこと

英語を習得するためには、明確な目的を持って、その為に達成可能な目標を都度立てていくことが肝心と述べました。語学留学などの場合、期間が短期のため、学べることや吸収出来ることは限られてきます。でも、せっかくお金と時間を費やして留学するのですから、会話が出来るようになるだけでクローズさせてしまうのはもったいなくありませんか?どうせなら、覚えた英語を使って、それを自分のフィールドに役立てられるような形までブラッシュアップしてみましょう。

英語が話せる≠能力

帰国子女の方や、長期留学されていた方で、帰国後この事実を切実に感じている方は割といるのはないでしょうか。留学経験があり、英語が話せますでは、アピールポイントとしては弱いのが実情です。よく、事情を知らない方に、「せっかく英語出来るんだから通訳とか翻訳の仕事すれば?」と言われますが、これこそ留学生にとっては耳が痛い言葉だったりもしませんか?と言うのも、早期留学された方や、幼少期に英語圏で暮らしていた方であれば、日本語を熟知する前に英語を感覚的に身につけてしまっているので、脳が英語を英語として認識しています。洋画を観ても、会話は理解出来るけど、これ何て言ってるのと聞かれると流暢に日本語訳出来ない方も多いのでは?翻訳や通訳の仕事には、英語を聞いたり話せたりするだけでなく、それを自分の中の翻訳フィルターにかけて、分かりやすい日本語でアウトプットしてあげる能力が必要です。これには専門的な技術が必要とされます。

私が思うに、「英語が話せる」と言うのは、あくまで外国語を扱う手段を得たと言うことであって、技能・能力と言うレベルには達していないと思います。日本人であっても、日本語が話せるからと言って全てのフィールドに万能なわけではありませんもんね。大事なのは、英語を使って何が出来るかと言うことが、自身のスキルに繋がってきます。学んだ英語を仕事に活かしたいけど、就職活動が難航気味の方は、どういったことを学び、そのスキルをどう仕事に活かせるかをアピールポイントに結び付ければ良いのではないでしょうか。

能力有っての英語

日本でも多くの企業が英語を採用基準に置くようになりました。楽天やユニクロなどはその代表ですね。新人育成にリソースを使える企業では、新入社員の将来性に投資する意味で、入社後、数ヶ月の研修期間を設けて育成することが多いですが、中小企業や零細企業においては、アメリカ同様に即戦力を求めます。中途採用で入社する場合は、「英語が話せます」では、9割方不採用になってしまいます。実際に業務に入ったらすぐに動ける社員を欲する中小企業は、英語よりも実務経験を重視します。求人サイトで、「英語出来る方歓迎!」など謳っている企業ほど、実務経験を問われたりします。ですので、新卒以外で企業面接をされる留学経験者は、英語で優遇されることはほとんどないと思っていただいた方が良いと思います。

語学学校の留学経験だけでなく、海外の大学で勉強された方にとっても同様のことが言えます。アメリカでの就職においては、入社後の研修制度がある企業は稀で、ほとんどは入社後すぐに実務に入ります。よって面接官が敢えて外国人を採用する理由を与えなくてはいけません。この時、英語が話せるだけでは、当然ですが、同じくらいのレベルのネイティブスピーカーを採用します。わざわざ面倒なビザの世話や登録をしてまでこの日本人を採りたいと思わせるためには、大学で何を学び、それを社会にどう活かせるかを熟考する必要があります。

アメリカの大学で学ぶメリットについてはこちら 大学留学に関する情報

英語を使えるようになったことは、自分の将来を豊かにする手段が一つ増えたと言うことです。そして、それはまだスタート地点であって、それを能力として活かすために自分は、英語を使って何か出来るのかを考え、腕を磨いていくことが大切です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る