航空券について

航空券について

航空券を予約する際には、様々な取り方があります。最近では格安で取れる航空券も増えてきて海外がかなり身近になりました。

出来るだけ安く済ませたいのであれば、航空会社、渡航時期、安く提供している旅行代理店をしっかり押さえておくことが重要です。

航空券の種類

基本的に航空券の種類は大きく分けて4つあります。

・正規航空券

こちらは時期による料金の変動はなく、どこでも購入しても同じ金額になります。その代わり、1年間有効で、予約を変更したり、経路を変更したり、払い戻しが可能となっています。エコノミー、ビジネス、ファーストクラスなどの航空券が購入出来ます。フレキシブルに対応出来る反面、正規料金での販売になるので、航空券代としてはかなり高くつきます。

・IATAペックス航空券

航空会社共通の割引運賃で購入出来ます。予約や経路変更が出来ず、払い戻しや発券時期に制限がありますが、IATAの加盟店であればどの航空会社の便でも利用可能です。正規料金で購入するよりも安く購入出来ます。こちらはエコノミークラスのみ適用です。

・ゾーンペックス航空券

正規割引航空券のことで、各航空会社が指定した割引サービスで購入出来る航空券です。予約や経路変更が出来ない他、キャンセル手数料が発生したり、購入時期に制限がありますが、かなりディスカウントされるのでお得な航空券の種類です。早期予約などで更に割引を適用出来る早割サービスなども充実しているので、行く時期が決定して、キャンセルの予定が無い人にとってはかなりおすすめの航空券だと思います。基本的にエコノミークラスのみ適用です。

・格安航空券

ネットなどで調べるとすぐ引っかかるのがこちらの格安航空券。かなり安く航空券を購入可能です。旅行会社がパッケージツアー用の団体運賃を個人客向けに販売しているので、基本的にほとんど変更が効かないFIXタイプの航空券になります。

各会社によってサービス内容は様々ですが、上手く利用すればかなり航空券費用を押さえられます。注意したい点としては、ツアーシーズンに入ると、条件の良い航空券はすぐ売り切れてしまうので、早めにチェックし予約するか、時期をずらすなどしなくてはいけないです。

リコンファームの必要性

リコンファームとは、予約した便にきちんと搭乗しますよと言うのを再確認することです。リコンファームは、航空会社のカウンターや電話で簡単に行えます。自分の名前と、予約した便と航空券のチケットナンバーを伝えるだけです。日本を出発する際にはリコンファームは必要ありませんが、帰国便の3日以上前に事前に連絡する必要があります。これは、航空会社によってマストとしているところとそうでないところがあるのですが、リコンファームが義務付けられている場合、連絡がないと稀にですがキャンセル扱いとされてしまうことがあります。

※私の体験談ですが、渡航3年目までこのリコンファームの存在を知らず、一度も連絡したことがありませんでしたが、特に飛行機に乗れなかったことはありません。ですが、ほんの3分程度で終わる作業ですので、きちんとやっておいた方が安心かと思います。

乗り継ぎが発生する際の注意点

日本から出発する際、目的地に行くまでに飛行機の乗り継ぎが発生する場合があります。例えば、私が高校時代に過ごしたカナダのビクトリアには、国際空港がないので、バンクーバーにある国際空港に降りてから国内便に乗り継ぐことになります。この時、日本の空港で預けた荷物をバンクーバーで受け取るのか、もしくはビクトリアの空港まで自動的に運んでくれるのかを事前にカウンターなどで確認しておくと良いでしょう。各空港のモニターには、Baggage Claim(手荷物受取所)の案内が表示されていますが、慣れない海外で飛行機から飛行機に乗り継ぐ作業は結構焦りますので、見ている余裕や見方が分からないケースもあります。予め自分の預けた荷物をどこで受け取ればいいのかを把握しておけば、海外の乗継先では余裕を持って行動出来ます。

※これも経験談ですが、初めての渡航の際、トランジット先の空港で荷物を受け取るものとばかり思い、ずっと待っていたのですが全然荷物が来ず、焦り始めたら空港スタッフの方が一人取り残されているジャパニーズを見て心配になったのか、私の便を確認し、目的地で受け取る荷物だからここには来ないよと教えてくれました。それ以来、預けた荷物の行き先は必ず確認するようにしました。

空港に関する詳しい情報は、私自身の失敗談もいくつか織り交ぜながら別の機会にご紹介したいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る