語学留学からインターンシップまで!目的別おすすめ留学エージェントまとめ

語学留学からインターンシップまで!目的別おすすめ留学エージェントまとめ

初めて留学する時、多くの方がお世話になるのが留学エージェントです。

エージェントや相談所と呼ばれるところでは、目的や希望に合わせたプログラムを組んでくれたり、ビザや航空券の手配まで行ってくれるところもあります。
更には、語学留学以外にも、渡航先で働きながら勉強できるワーキングホリデー(ワーホリ)相談所や、海外インターンシッププログラムを取り扱う業者などもあるので、渡航目的に応じて最適なエージェント選びが必要となります。

そこで今回は、語学留学、ワーキングホリデー、海外有給インターンシップを目指す方におすすめしたいエージェントをそれぞれご紹介したいと思います。
プロの適格なアドバイスをもとに入念な渡航準備に備えていただけたら幸いです。

留学する目的が漠然としている方はこちらをご参考ください。↓
目的のない留学で人生を無駄にする前に読んでおきたい記事5選

フィリピン留学・セブ島留学ならヒューマンアカデミー

今話題のフィリピン・セブ島留学を斡旋するヒューマンアカデミーでは、最短1週間のプログラムが36,600円で受講できることで人気を集めています。
フィリピンは、低コストで質の高い語学留学が出来ると言う理由から、今アジア圏を中心に留学生が多く集まる場所として有名です。
意外と知られていませんが、フィリピンは英語公用国で、街などでは英語が飛び交う光景を目にすることができます。更に、日本人に馴染み深いアメリカ英語を使うので聞き取りやすく、ビギナーにも易しい環境で語学留学ができるのが特徴です。
また、アメリカやカナダと比べると物価も安く、一般的に高額と言われている欧米留学の半分くらいの費用で留学が実現出来てしまいます。

ヒューマンアカデミーで取り扱う留学プログラムは、学生の留学以外にも、短期間で英語を上達させたい、TOEICスコアをアップさせたい社会人向けのプログラムなども充実しているので、グローバル企業への就転職を目指す方へのサポート体制も万全です。

低コストかつ短期間で集中的に語学を上達させたい方は、話題のフィリピン語学留学をおすすめします。

▼資料請求や個別カウンセリングのお問い合わせはこちらから▼

セブ島留学の特徴についてもっと詳しく知りたい方はこちらも合わせてチェック。↓
格安で語学留学をしたい方へセブ島をオススメする5つの理由

ワーキングホリデーで海外へ行こう!

ワーキングホリデーとは、簡単に言うと、渡航先で語学学校に通ったり、アルバイトしたりすることができる制度のことです。ワーキングホリデービザを申請できるのは18歳~30歳(国よって多少異なります)となっている他、対象国も限られています。
(オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、デンマーク、韓国、台湾、香港、ノルウェー)

ワーキングホリデービザは、1人につき一生に一度しか取得できず、また、有効期限も1年間と決まっているので、国選びや渡航目的はしっかりと明確に決めていかないといけません。

ワーキングホリデーで海外へ行こう!では、ワーキングホリデーに関するあらゆる情報がまとめられている他、無料個別相談ができるワーキングホリデー手配会社などを紹介しています。

通常の留学に比べると、勉強も仕事もでき、自由なイメージのあるワーキングホリデーですが、それだけに国選びや渡航中の計画を綿密に立てておかないと、あっという間に1年が経ってしまいます。

ワーキングホリデーを成功させるためには、専門家のアドバイスを仰ぐのが確実です。是非参考にしてみてください。

▼情報収集・個別相談のお申込みはこちらから▼
ワーキングホリデー 個別相談予約

海外インターンシップworld

海外で働きたい方におすすめなのは、海外インターンシップworldです。
アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの英語圏で有給、無給のインターンシップ案件を取り扱っており、企業選びや面接対策、ビザ申請代行など幅広くサポートしてくれます。
なお、有給インターンシップにおいては、難易度が高いアメリカのJ1ビザ取得率も99%以上と、質の高いサポートに定評があります。

難易度の高いアメリカ有給インターンシップも、派遣率95%以上(希望者からの辞退のみ)。インターンシップ最大の難関と言われるアメリカのJ1ビザ申請については、過去6年間で不合格者5名(2回目の申請でうち4名合格)、つまりビザ取得率99%以上を誇っています!!

インターンシップは、大きく分けて2種類あり、体験を目的として無給インターンシップと、就労を目的とした有給インターンシップが主な選択肢になります。

英語力に自信がない方でも一定期間現地の語学学校で学習後、地元の企業で就労体験が出来るプログラムや、将来は現地企業で働きたいと思う方には、1年間のビジネスコースを受講し、その後OPT(Optional Plactical Training)制度で1年間現地の企業で給料をもらいながら仕事ができるプログラムもあります。
OPT期間中に仕事ぶりが企業から評価されれば、就労ビザが発給される可能性もあるので、海外就労を目的としている方にはぜひおすすめしたいプログラムです。

英語を上達させるための語学留学と比べると難易度が高い海外就労。国や都市によって制度が大きく異なるため、なかなか1人では実現が難しいとされていますので、こういったサポート体制があると便利&安心ですね。

海外インターンシップworldでは、無料の資料請求やカウンセリングを受け付けているので、近い将来海外就労を計画している方はぜひ参考にしてみてください。

▼無料資料請求はこちらから▼
インターンシップ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る