入国プロセスが簡略化!アメリカ入国時に必要なI-94のペーパーレス化について

i-94

アメリカに旅行されたことのある方はご存じかもしれませんが、アメリカ入国の際に必要な入国カードI-94と言うものがあります。飛行機の中で配布される紙きれなのですが、2013年4月30日よりペーパーレス化が始まり、現在ではほとんどの空港で導入されているみたいです。

I-94とは?

米国へ入国する旅行者や訪問者の出入国を管理するためのカードです。 アメリカに到着し、通関の際にパスポートとあわせて提出する白(もしくは緑)の紙で、機内で配布される他、日本から出国する空港のカウンターなどでも配布されていました。
I-94の内容は、基本的な個人情報(名前、パスポート番号、入国都市、入国日など)で、これらの情報は、税関国境警備局(CBP)によって管理されます。留学生などの長期滞在できるビザ保有者は、白色のI-94、観光客は緑色のI-94に事前記入して、入国審査の時にパスポートの中にホチキスで留められていました。

ペーパーレス化によって変わったこと

ペーパーレス化により、入国時にI-94の提出が不要となったわけですが、I-94自体がなくなったわけではありません。アメリカの空港でI-94のペーパーレス化が導入されてからは、紙ベースの記入は廃止され、全てコンピュータによるデータベース管理となりました。

電子I-94の登録の仕方はとても簡単で、税関国境警備局のサイトにアクセスし、必要な個人情報を入力するだけです。

税関国境警備局のウェブサイト
U.S. Customs and Border Protection

作成した電子I-94は、サイトにアクセスすればいつでも印刷が可能です。

久しぶりにアメリカ渡航される方の中には、I-94がもらえる慌てた方もいらっしゃると思いますが、ご安心ください。ペーパーレス化が導入されていると言うことをお忘れずに。

I-94がペーパーレス化されるメリット

観光や短期滞在の場合は、入国時のプロセスが減ったくらいにしか感じませんが、長期滞在する留学生にとって、このペーパーレス化は朗報です。

ソーシャルセキュリティ番号の申請や、運転免許を取得する際に、I-94を持参しなくてはいけませんでした。この時、空港で記入したI-94の内容と、各機関に登録されている情報に違いがあると、照合できず、申請が出来ないケースもあります。
アメリカのソーシャルセキュリティオフィスの対応は、場所にもよるのでしょうが、とにかく遅いです。申請したIDが忘れたころに届けられたなんて話は日常茶飯事なので、一度申請にトラブルがあると、修正した内容を申請したりする間、数日待たなくてはいけなかったりと面倒なのです。

しかし、ペーパーレス化によって、税関国境警備局のデータベースが各機関でも共有できるらしく、これによって、例え内容に不備があってもその場で修正が可能になれば、かなりの効率化に繋がります。

面倒な申請手続きの作業が少しでも簡略化されるのはありがたいですね。

ソーシャルセキュリティについて知りたい方はこちらもどうぞ↓
実際のところどうなの?アメリカのソーシャルセキュリティ番号の取得について

I-94と併せて知っておきたいF1ビザについてはこちら↓
学生ビザについて

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る