知っておくと役立つ!アメリカのクレジットカード事情

知っておくと役立つ!アメリカのクレジットカード事情

アメリカはクレジットカード社会です。日本ではクレジットカードがなくてもそれほど不便に感じることなく生活ができますが、アメリカでは、意外とカードがないと不便な場面に出くわします。これは、アメリカ人にとっても、留学生にとっても言えることです。そこで今回は、そんなカード社会アメリカにおいてクレジットカードがもたらす役割についてご紹介します。

No Card No Life

アメリカでは、学生から大人まで1人1枚~2枚はもれなくクレジットカードを所有しています。日本だと通販で買い物する際や、高額な買い物をするときにクレジットカードを使うイメージですが、アメリカでは、少額の買い物でさえもクレジットカードで支払う方が多いです。学生の友人同士でレストランに行った際に、総額$100くらいだったのですが、それぞれカードを$20ずつ分切ってもらい清算しました。日本だとちょっと店員さんに悪いなと言う気持ちが芽生えてしまいますが、アメリカでは日常的な光景です。(社会人はさすがにやらないだろうけど)
LAにいた頃、路上に無人のカップケーキ販売機が設置されていて、お金を払えば自動で商品がトレイに運ばれてくる仕組みだったのですが、そこでは現金支払いは不可で、クレジットカードOnlyでした。また、公衆電話もクレジットカードを通せるようになっています。日本でも普及し始めている「クレジットカードリーダー決済」も以前からアメリカのスモールビジネスを営むお店などで採用されていることから、クレジットカード利用率は非常に高いことが覗えますね。

アメリカではクレジットカード=自身の信用

アメリカ人にとってクレジットカードは、自身の経済力と密接な関係にあります。クレジットカードを作れると言うことは、きちんと毎月の返済能力がある人とみなされ、社会的に信頼できる人間と言う認識が持たれます。ソーシャルセキュリティ―ナンバー(社会保障番号)同様に、個人データの管理が徹底されているアメリカでは、クレジットカードの支払い履歴もかなり重要なデータとして残されます。どういった場面で参照されるかと言うと、車や家などを購入する際のローン審査に響いてきます。毎月きちんと返済ができている人は、良い履歴が残っていくので、正当な形でローンを組むことができるのに対して、遅延が続いている人は、審査が通らなかったりすることがあります。
留学生が学校に入学する時に必ず提示を求められる残高証明書は、このクレジット(信頼)を補うドキュメントとして参照されるわけです。滞在中に原則仕事を許可されていない留学生は、収入がないので、アメリカでのクレジットはゼロです。でも、アパートを借りなくてはいけない、銀行口座を開設しなくてはいけないと言った場合に、この残高証明を見せることで、この人には経済面をサポートしてくれるスポンサー(親)がいて、滞在中に収入がなくても生活には困らないことが証明できるのです。ただし、それだけではクレジットとして不足しているため、アパート契約時などに預けるデポジット(敷金)は、クレジットのあるアメリカ人よりも高いです。それほどクレジットカードは相手の経済力をはかる物差しになっているのです。

留学生はクレジットカードが作れる?

アメリカで生活する上で、留学生にもクレジットカードが必要となることは結構あります。友達と旅行に行く際、レンタカーを利用する時などクレジットカードの提示が求められる場合が多いです。また、滞在先のホテルを予約する際にもクレジットカードの提示を求められます。これは、万が一破損やトラブルがあった際に、賠償請求できるように店側でこちらのクレジットカード番号を控えるのです。こうしておくことで、ホテルをチェックアウトした後に、何か問題が発見された時、そのカードから請求できてしまうのです。(要は、バックれられないようにするための保険です)
こういったように、アメリカでは、ショッピング以外でもクレジットカードは必要不可欠な存在ですが、先述のとおり、アメリカに留学で滞在中は学生の身分なので、いくら現地の口座に高額預金していても、自身に収入がない限りは基本的にクレジットカードは発行してもらえません。ですので、できるだけ渡航前に日本でクレジットカードは作っておきましょう。渡航後にクレジットカードが必要になった場合は、親に加入してもらい、その家族会員として申請すれば、自分用のクレジットカードを持つことができます。どのクレジットカードにするのか分からない場合はこちらを参考にしていただければと思います。「アメリカに行く留学生におすすめのクレジットカード比較
また、長期留学される方は、現地の銀行口座を開くと思われるので、デビットカードを活用することをお勧めします。詳しくはこちらをご覧ください。「留学先での買い物の仕方

留学中のお金の管理に少しでも役立つことができれば幸いです。是非参考にしてみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る