覚えておきたい!アメリカで日本の電化製品を使う場合の変圧器の必要性

覚えておきたい!アメリカで日本の電化製品を使う場合の変圧器の必要性

アメリカに行かれる方からよく「アメリカって変圧器必要?」や、「アメリカのコンセントに日本のプラグって使えるの?」と言う質問を受けます。電子製品や家電製品などを日本から持っていく場合、どれも高価なものですし、現地では手に入らないものも多いので、今回は、そんな疑問を解消すべく、アメリカ生活においての変圧器の必要性についてご紹介したいと思います。

アメリカの電圧について

変圧器のご紹介の前に、まずアメリカの電圧について知っておきましょう。
アメリカの電圧は、120V、60Hz
日本は、100V、50~60Hz(東日本が50Hz、西日本が60Hz)
アメリカは、日本より20V電圧が高いです。

アメリカのコンセントプラグについて

アメリカのコンセントは、日本と同じAタイプと言うプラグが使われています。いわゆる差込口に長方形の穴が2つ付いているものを指します。唯一違う点は、長方形の2つの穴の下に丸い穴が付いているところです。アメリカでは冷蔵庫や洗濯機などの大型家電のプラグはピンが3本付いているものがありますが、電化製品などは日本と同じピンが2本のものがほとんどなので、日本で買った電化製品をアメリカで使う場合は、変換プラグなどは必要ありません。

余談ですが、コンセントは和製英語です。アメリカでは、power outlet(電源出力)で、差す側をplug(プラグ)と言います。いかにも英語っぽいので思わず使ってしまいがちですが、本来Concentは「同意する」、「承諾する」と言う意味になりますのでお間違えのないように。

変圧器は必要なのか?

上記の電圧とプラグの情報を踏まえた上で、アメリカで日本の電化製品を使う際に、変圧器は必要かどうか?基本的には、不要です。最近の電化製品は海外対応しているものが多く、製品のACアダプタに「100-240V」と言う記載があればこの電圧の範囲であれば問題なく使用できることを意味します。
ただし、日本よりも電圧が若干強いことから、充電器が過熱しやすくなる場合があります。ドライヤー・ヘアアイロンなどを持っていかれる方は、長時間「強風」で使用せずに弱風に切り替えて使ったりすると良いでしょう。
また、PCやipodなどの電化製品についても海外でそのまま使えるものがほとんどですが、電子機器なので、1日中ACアダプタを繋げたまま使用しているとあまり機器に良くないので、安全第一を考慮する場合は、変圧器を通して使用することをお勧めします。私も、パソコンだけは変圧器を通して使っていました。

変圧器を買うならどれがおすすめ?

値段は、用途によって大幅に変わってきます。変圧器を選ぶ際に気をつけなくてはいけないのは、消費電力(ワット数)の確認です。消費電力が高いものに対応している変圧器は値段も高いです。パソコンやデジカメ、音楽プレーヤー、ゲーム機などの用途におすすめはこちらの変圧器が良いかと思います。
HTD130240V1000W 全世界対応変圧器(電子式) プラグA
HTD130240V1000W 全世界対応変圧器(電子式) プラグA
使用電力が1000W を超えるヘアドライヤー、携帯電気ポット、アイロン、ホットカーラーなど以外であれば、ほぼ何にでも対応しています。
経験上、ドライヤーやアイロンは、現地で調達した方が安上がりです。また、長時間充電器に放置しっぱなしでなければ、パソコン以外の電化製品は、変圧器なしでも問題なく使えます。パソコンだけは、長時間付けっぱなしにしたり、重要なデータが入っていたりと、故障してしまっては生活に支障をきたすもので、安全に使うためにも変圧器は1台用意しておいた方が良いです。

是非出発前の参考にしていただければと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る